マンガ小説教室

あなたも「紙」で表現しよう!!

「紙のまち」富士市。紙はマンガや小説にも用いられる文化の発信源です。この教室では、第一線で活躍中の小説家・漫画家の先生から創作の基本や、ゼロから物語を考える楽しさを学びます。小説家・漫画家を志す人はもちろん、初めての人も是非挑戦してみてください!

 

申込フォームはこちら

 

1.開催概要

※チラシの記載内容(開催日)を変更しましたのでご了承ください。

・講座名

第6回富士山紙フェア マンガ小説教室

 

・開催日時

令和元年10月26日(土)・27日(日)10:30~15:30

※小説編は26日(土)、マンガ編は27日(日)に開催

 

・会 場

富士市産業交流展示場 ふじさんめっせ会議室

(静岡県富士市柳島189-8)

 

・参加費

小説編・マンガ編 お一人につき各1,000円(当日集金)

 

・定 員

小説編・マンガ編ともに24名(事前申し込み優先)

 

・申込方法

①富士商工会議所窓口での受付

(土日祝日を除く8:30~17:15)

②紙フェアの特設サイトの申し込みフォームでの受付

(下のリンクからアクセスできます)

 

申込フォームはこちら

 

2.講師紹介

◎小説編担当  初野  晴  先生

1973年静岡県出身。法政大学工学部卒。2002年『水の時計』で第22回横溝正史ミステリ大賞を受賞しデビュー。既刊に、"ハルチカ"シリーズの『退出ゲーム』『初恋ソムリエ』『空想オルガン』『千年ジュリエット』『惑星カロン』『一人吹奏部 ハルチカ番外編』(以上、角川文庫)のほか、『1/2の騎士』『向こう側の遊園』(講談社文庫)、『わたしのノーマジーン』(ポプラ文庫)などがある。

☆一言メッセージ

出席された方々が有意義な時間を過ごせるように頑張ります。

 

 

©初野 晴 角川文庫『退出ゲーム』

角川文庫より好評発売中の"ハルチカ"シリーズはTVアニメ・実写映画にもなった大ヒット作

◎マンガ編担当 若林 稔弥 先生

1987年、埼玉県出身。2012年からマンガ家として活動。WEB上で公開していたマンガ『徒然チルドレン』が人気となり、週刊少年マガジン(講談社)で連載、アニメ化した。現在は、同じくWEB上で公開し人気となったマンガ『幸せカナコの殺し屋生活』をツイ4(星海社)で連載中。

☆一言メッセージ

WEB作家の視点でいろいろお話します。あと静岡の美味しいもの食べたい。

 

 

©若林稔弥 星海社コミックス『幸せカナコの殺し屋生活⑴』

ツイ4(星海社)で大好評連載中の『幸せカナコの殺し屋生活』は12万RT越えの超話題作

3.授業概要

小説編テーマ

「小説家という職業」「シナリオ制作の基礎」

 

 前半では小説家になるまでの道のりや執筆スケジュール、作家業の適正、新人賞への投稿秘話、印税収入の算定といった「小説家という職業」について学びます。  

 後半は小説はもちろん、ストーリー漫画やライトノベル、ゲーム等にも通じる「シナリオ制作」の基礎を学びます。初野先生ならではの「ミステリー」についても扱います。

 

【難易度】参加者の反応を見ながら、小説技術の向上を目指したテクニックや応用まで話を広げますので、やる気のある方はご期待ください。

漫画編 テーマ

「WEBを活用した漫画家への道」

 

 WEBでどんなことができるのか、どんな漫画が注目されやすいかなど、WEBを活用した漫画家への道をお話します。その上で「WEBで漫画を発表すること」を目的に、受講生に簡単な漫画も描いてもらいます。講師が添削しながら一緒に作るので、完成したらWEBに上げてみましょう。


 【難易度】中高生以上であれば大丈夫です。ネットに苦手意識のある人でも気軽にご参加ください。腕に自信のある小学生高学年のチャレンジも歓迎します。

 

※マンガ編では簡単な作品を描きますので、「5分で描けそうなネタ」を考えてきてください

 

タイムスケジュール

 

10:00 入室開始
10:30 前半
12:10 昼休み
13:10 後半
15:30 終了

※休憩時間、昼休みを設けます。
※前半もしくは後半のみの参加でも参加費は同額です。
※諸事情により内容を変更する場合もございます。

4.持ち物

  • ノート
  • 筆記用具
  • 昼食
  • 参加費 

申込フォームはこちら

 

マンガ小説教室の申込受付にあたって「フォームメーラー」を使用しております。(https://www.form-mailer.jp/